トイレ掃除のブラシは使わない!

トイレ

トイレブラシは出来れば使いたくないと思いませんか?

トイレにブラシを置く事、使う事に抵抗がある方は多いようで、私が家事代行で行くお宅でも「使いたくない」「使い捨てブラシにしている」というのが本音のようです。

私はもう4年以上ブラシ無しでトイレ掃除をしているのでご紹介します。

トイレ掃除のブラシはどうしてますか?

トイレの使用方法や、性別などにもよりますが1人暮らしで、ほぼ自分メインで使用している場合、日頃の1秒掃除とオススメ洗剤の使用でトイレブラシがいらなくなるケースが多いです。

汚れ具合や汚れ落ちは便器の材質などでも違うのでもしかしたら難しいケースもあるかもしれない事をご了承くださいね。

そして、使い捨てブラシを使うのでもいいと思う方もいらっしゃると思います。

私も最初に使い捨てブラシが登場した時はとても嬉しかった事を思い出すのですが、デメリットがあるのであまりオススメできないのです。

トイレ掃除用使い捨てブラシのデメリット

使い捨てブラシはブラシの部分が柔らかい素材でできているので、便器の内側の淵の部分を擦っていても汚れが溜まってしまう事が多いのです。

家事代行で引き継いで行ったお宅でその部分を使い捨てブラシでこすったら、黒いすすのような汚れが出てきました。

この部分の汚れを落とすためには、毛かスポンジのしっかりとしたブラシで擦る必要があります。

結局、淵の裏を掃除するために専用の小さなブラシを用意して頂くか、これから私がご紹介する洗剤をかけて放置する必要があります。

それであれば、洗剤1種類でお掃除してしまう方が良いと思いませんか?

ブラシを使わないトイレ掃除に用意する物は2つ

1.トイレクイックル トイレ用そうじシート


この商品は大判で厚みがあり、掃除中に破れにくいです。お値段が安いと薄くて小さい場合があり、掃除中に破れてしまって掃除がしにくいだけでなく、何枚も使う必要があり、結果的にコスパが悪いです。

家事代行で行くお宅でも、極力この商品のご用意をお願いしています。

厚みがあるので汚れた面を内側にしてからまんべんなく全面使うのも抵抗が少ないかなと思います。

トイレのドア、床、便器など全体の拭き掃除をしてトイレに流せます。


2.トイレハイター密着ジェル


便座を上げて、便器のふちの裏側にぐるっと一周このジェルをかけます。絶妙な角度と粘度のジェルが出ますので、手に垂れることもなく使いやすいです。

そして2~3分放置した後に水を流します。

強力な洗浄剤ですので、パッケージの使用法をご確認の上ご使用くださいね。

これで汚れが落ち、その後の汚れも付きにくくなります。

簡単トイレ掃除(便器のみ)

  1. ウオッシュレットの電源を切る
  2. トイレハイター密着ジェルを便器の内側にぐるっと一周かける(容器の使用説明をご確認の上ご使用ください)
  3. トイレクイックル トイレ用そうじシートでタンクのレバー、ウオッシュレットの操作ボタン、コンセント、タンクを拭く
  4. 便座の蓋の表裏を拭く→便座の表裏を拭く
  5. 便器の下の台を拭く(裏側はホコリが溜まりやすいです)、立って使う男性がいる場合は前が汚れがちです
  6. トイレクイックルは汚れたら流せるので便器の中に捨てていく(節水型の便器で詰まりが心配な方は半分にちぎったり、まとめて沢山流さないなど工夫すると安心です)
  7. ウオッシュレットの電源を入れ、トイレクイックルと共に水を流す

トイレハイター密着ジェルの使用は月に1~2回程度でキレイな状態をキープできると思います。

ブラシを使わない為に、便器の中は汚したらその場で拭いて下さいね。

汚した直後に1秒掃除するという習慣づけをしてしまうとラクチンです。

最後に

この方法で落ちない頑固な汚れがある場合は、毛かスポンジ製のトイレブラシで擦ります。

汚れは水でふやかすしてから擦ると落ちやすいです。

以後は今回の方法でキレイになるはずです。

ブラシでも落ちない汚れになると、ハウスクリーニングが必要になると思います。

この記事は音声配信もしています→https://stand.fm/channels/611dce527de6f0a0e0be9d9d

お疲れさまでした!これで終了です。

タイトルとURLをコピーしました